普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

歴代ドラえもん映画から分かる…こんな事!

ドラえもんを映画に撮ります!

 

ドラえもんの映画をさかのぼると…

1980年に『のび太の恐竜』が始まってから、
ほぼ毎年の様に映画公開されています。

 

実は歴代のドラえもん映画を調べると、
こんな面白い事が分かったのです!

それをちょっとご紹介します。

 

歴代ドラえもん映画興行収入ランキング

1位:のび太のひみつ道具博物館(2013年公開)
 …興収:39億8,000万円

2位:のび太の宇宙英雄記(2015年公開)
 …39億3,000万円

3位:のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~(2012年公開)
 …36億2,000万円

4位:新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~(2014年公開)
 …35億8,000万円

5位:のび太の新魔界大冒険~7人魔法使い~(2007年)
 …35億4,000万円

 

この興収の数字だけを見ると
こんな事が…

 

問題! …考える
トップ上位にランクしているのは、
すべて2000年以降の作品なのです。

これだけのデータを見る限りでは、
ドラえもんって人気が出てきたのかな?~って

そう思うと思います。

 

でも
観客動員するの順位で見ると…

歴代ドラえもん映画観客動員数ランキング

1位:のび太の日本誕生(1989年公開)
 …観客動員数:約420万人

2位:のび太の南海大冒険(1998年公開)
 …観客動員数:約400万人

3位:のび太の宇宙漂流記(1999年公開)
 …観客動員数:約395万人

4位:のび太のねじ巻き都市冒険記(1997年公開)
 …観客動員数:約390万人

5位:のび太とアニマル惑星(プラネット)(1990年)
 …観客動員数:約380万人

という順位になります。

 

???
ここで疑問に思う事ありませんか?

観客動員と興行収入が比例しないですよね!?

 

そうなのです!!

 

問題! …考える
映画料金は時代と共に上がっているのです!

ここ20~30年の間に
映画の料金は値上がりしたのが分かりますね~。

 

例に出してみると、

   

1作目の『のび太の恐竜』(1980年)は
観客320万人で、興収15億6,000万円でした。

そして最近の映画
のび太の宇宙英雄記』(2015年)は
観客346万5,800人で興収39億3,000万円だったのです。

 

単純に計算しただけでも、
同じ観客数で約2倍の興収になっているのです。

実際はそれ以外の要因もありますが、
実際に映画の入場料金は上がっています!

1980年頃の映画の入場料金は、
約1,4000円くらいだったそうです。

それが今では約1,800円です。
(通常の映画料金)

こう見ると…
興行収入だけで比べるのって
あまり参考にできないんですね!?

 

興収で比べるよりも、
観客動員で見た方がより信憑性は高そうです!

 

そしてこの結果から
こんな予測も出来るのです!

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』映画館で見た置物ポスター

2016年に公開する『新・日本誕生』を、
これまでの実績から予測すると…

興行収入だけでいうなら、

最高の40億円を突破するのでは?って事です。

 

間違いなく行くと思いますが、
さてどうだろう??

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031