普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

The Bonsai(ザ・盆栽)

The Bonsai(盆栽)

 

The Bonsai(ザ・盆栽)”…

名前の通り”盆栽”のプラモデルです。

 

これは東京おもちゃショーで見かけた代物なのですが…

The Bonsai(ザ・盆栽)

それが…

 問題! …考える
このおもちゃが実に面白いのです!!

実に斬新で、
しかも意外なほどクオリティが高い

日本ならではの逸品って感じがしたのです。

ちなみにこのプラスティックキット”The Bonsai(ザ・盆栽)”は
静岡県にある模型メーカー”(有)プラッツ”の商品。

今回の「日本おもちゃ大賞」
”ハイターゲット・トイ部門”で優秀賞を獲得したおもちゃなのです。

 

そういえば最近
こんな事を耳にしたのですが…

 よ~く観察!!
海外の人からは日本の”盆栽”が人気!!

との事だそうです。

まさにこのおもちゃは、
日本よりも海外の人向けなんだろうな~って思ったのです。

The Bonsai(ザ・盆栽)

 

The Bonsai(ザ・盆栽)
その狙いは当たっているようで、
「静岡ホビーショウ」でも展示されたそうですが、
そのリアルさに多くの人からかなりの評判だったとか…

ちなみにこのプラスティックキット”ザ・盆栽”は、
再現した実物の盆栽の12分の1の大きさになっているそうです。

 

それではさっそく、
この中身を覗いてみたいと思います。

フタを開けてみると…

The Bonsai(ザ・盆栽)
組み立てる部品自体は本当に少なく10個弱ってほどですが、
その1つ1つの作りが実に精巧でリアルなのです。

もちろん部品が少ないので、
組み立ても簡単で接着剤を使って組み立てていくだけ…

実際に組み立てる前の段階からも分かる通り、
この精巧な作りというか…

The Bonsai(ザ・盆栽)
… 特に凄いのがこの””の部分です!

 

これは針葉が植え込まれているので、
実際にハサミで剪定が出来るのだそうです。
(とはいえなかなかもったいない感じで、ハサミで切れないわけですが…。)

それでは段階的に
1パーツづつ付けていくと…

The Bonsai(ザ・盆栽)

・・・

The Bonsai(ザ・盆栽)

・・・

The Bonsai(ザ・盆栽)

・・・

The Bonsai(ザ・盆栽)

 

今回は素組で付けていきましたが、
実際は色を塗ったりしてより自分好みにできるのです。

私的に色の付け方としては…

以前番組で放送されていましたが、
盆栽の職人さんは幹や枝に傷をつけて、
あえて枯らして白くさせるのだそうです。

※幹が枯れて白くなったものを舎利(シャリ)
枝が枯れて白くなったものを神(ジン)と呼びます。

これによって”盆栽”としての評価も上がり
高値で販売される事もあるのだそうです。

 

素人の私からしてみれば、
この”盆栽の美”についてはよくわかりませんが…

この枝や幹の色の茶色や白の部分の塗り分けで
盆栽としての出来が大きく変わってくるそうです。

 

少しでも”盆栽”について知っている人からすれば、

これをどうやって切ったら…
どうやって色分けすると…

みたいなイメージが湧くのかもしれませんが…。

盆栽について疎い私からだと
単にスゴイな~としか思わないわけで…(^^)

The Bonsai(ザ・盆栽)
でも何度見てもこの”葉”の部分はスゴイと思うのです!!

何だかちょっとでも強く触ると折れそうというか、
曲がりそうで組み立てている時にかなり気を遣うほど…。

それだけ繊細なプラスティックキットなんだと思います。

これは近々発売化するようで、
お土産売り場やネットなどで見る機会も出てきそうです。

もしよかったら、
ちょっと飾るようで作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

1/12 ザ・盆栽 壱 プラモデル BON-01

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930