普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

新たなモールの兆し! ~ イオンモール幕張新都心 ~

 

2013年12月20日、
千葉県美浜区にオープン巨大ショッピングモール

 

イオンモール幕張新都心

イオンモール幕張新都心

このイオンモールはこれまでのショッピングモールとちょっと違うと言われています。

 

”じゃあ、何が?”

って思うと思います。

 

コレって俗に

ライフスタイルモール”って言われていて、

 

ちょっと難しくいえば、
場づくり型ショッピングモール。

 

正直これだけだと分かりにくいと思います。

 

アメリカだと「ライフスタイルセンター」と呼ばれているそうで、

実は近未来型のショッピングモールと呼ばれています。

 

今までのショッピングモールって
多店舗集中型と言われていて、
一か所に多様な店をいくつも配置し、
一括購入と衝動買いや比較購入を促す形のショッピングモールをいうのです。

 

一言でいえば、

”買い物するための場所”です。

 

で、

今回の「ライフスタイルモール」は

体験とコミュニティと言った

”地域の広場的な役割を担った場所”を提供する事で

集客を狙うショッピングモールです。

 

分かりやすく言えば、

これまでの買い物(ショッピング)メインの場所から
買い物も出来て、遊べて、体験できて楽しめる。

アミューズメントの要素も盛り込まれた場所なのです。

 

イオンモール幕張新都心

 

 

 

 

イオンモール幕張新都心

 

 

 

 

 

↑こういう風にモール内には遊べたり、体験できる場所があるんです。

 

今日本にあるショッピングモール数は3,134あるそうで、
(ちなみに2013年の新規オープンしたSM数は64でした)

 

そのほとんどがショッピングメインのモールなのです。

 

今回の「イオンモール幕張新都心」は

体験型のモールで、
実は出店の約3分の1は体験がテーマになっているのです。

 

ただ買い物をする場所だけだったら、
ショッピング目的の人しか取り込めないけれど、

この体験型のモールなら、
広場的な場所で、
しかも遊べて、体験できる。

ついでに買い物も出来る。

 

楽しんで、遊べて、
その一つにショッピングがある感じです。

 

専門家が言うにはこういった「ライフスタイルセンター」の形態は、
21世紀で最も適した業態と位置付けているのです。

 

このライフスタイルモールをコンセプトにした商業施設の第一人者が、
”イオンモール幕張新都心”

イオンモール幕張新都心

 

 

 

【イオンモール幕張新都心】
場所は新習志野駅と海浜幕張駅のちょうど真ん中あたり。
敷地面積は192,000㎡という広さ!
(駐車場は約7,300台駐車できます)

国内ではレイクタウン、ららぽーとTOKYO‐BAYに次ぐ大きさの超大型ショッピングモール。

 

今年からはこういった
『ライフスタイルモール』がテーマの商業施設が続々登場する予定になっています。

2014年11月には「イオンモール岡山」がオープン予定。

大きさではイオンモール幕張新都心よりも小さい
(約4分の1程です。)

それでも地下2階~地上8階の建物で、
西日本では最大級になるようです。

 

これからは、今までモールじゃなく、
新たな形のモールが求められているって事でしょうか??

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930