普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

秋葉原にある「SOD VR」

SOD VR”に行ってきました!

 

実は前々から気になっていた場所なのです。

秋葉原の高架下近くにある
ソフト・オン・デマンドのアダルト個室

SOD VR」という事で、
最近何かと話題の”VR体験”ができる個室です。

秋葉原にある「SOD VR」
もちろん”SOD”なので、
どういう場所なのかは…

それはご想像にお任せしますが…(^^)

・・・
そんな今回が初めてとなる
SOD VR”に潜入してきたのでした!!
潜入というか、
単にお客として遊びに行ったわけですが…

その様子を
私なりにお話ししたいと思います。

 

最近あちこちで”VR体験”がブームになってきて、
しかも手軽にできる様になってきました。

もちろん当の私はすでに
他のVR体験は経験済ではあったのですが…

今回は初となる
アダルト分野での初VR体験だったのです。

 

問題! …考える
さて、どんな感じだったのか…


男としては気になると思います。

もちろん私も普通に性欲のある男なので、
今回思い切って店に行ったわけですが…

実は噂ではSODのVR体験は、
それなりに待つ覚悟が…と言われています。

もちろん今回も多少は待ちましたが、
でも私の場合は20分くらいでした。

スゴイ時(開店当初など)は
5時間とかの待ち時間もあったそうですが、
最近ではVRの個室を増設したそうで
そこまで待つことはないようです。

でも行くのなら、
ある程度時間に余裕のある時に行った方がイイと思いますよ!

 

       問題! …考える
さて肝心の中身について話していきます。

まずVR体験コースとしては、
主に2つあるようです。

「60分のVR+グッズ」
…(3種類のグッズから選べる)で料金は1500円

そして「90分のVRコース」は2000円で、
こちらのコースはグッズはない様です。

ちなみに料金は”前払い制”で、
同時に”身分証”を提示しないといけないのです。
(これは登録しないといけないからだそうで、
生年月日や指紋の確認も必要でした。)

そして
USBメモリ”と”金庫の番号”を渡されます。

やっぱり当日何も知らないで行くよりは、
限られた時間で堪能するためにも
どんな流れで手順なのか知っていた方がスピーディーに楽しめると思いますよ!

 

それでは部屋に入ると…

まず部屋に入るなり、
コートをハンガーに掛けて…

と思ったのですが、今回はこの手順を飛ばして~
(この時はよっぽど待ち遠しかったのかな?)
コートを着たまま座って操作を開始したのです。

まずは右側に小さな金庫があるので、
ここで4桁のコードを合わせて開きます。

 

すると…

分かる事は…
VRのゴーグル”が!!

そして手前にUSBを差し込むコネクターがあるので、
差し込んでください。

それから操作手順のマニュアルがあるので、
その通りに行えば誰でもできると思います。

絶対に焦って、先走らないように!!

 

そんなわけで~

画面に「SOD VR」があるので、
普通にクリックしてください。

するといろいろな動画があると思います。
(でもまだまだ種類は数十種類くらいで、この時では100タイトルはない様です。)

 

ハート!
そしてここからは、
あなた好みの動画を選んでいただければいいのですが~

ここは人によって性癖などあると思うので、
何とも言えませんが…。

私がいくつか見た限りでは、
基本的には自分が布団に座っている状態で、
目の前の女性が色々な行為をしてくれるスタンスになっています。

色々な動画が揃っているわけですが、
基本的にどの作品も30分くらいがほとんど。

というのも
撮影的にこの時間が限度の様です。

実際に首を右や左、上や下に向ける度に、
まるで自分が見ている様な視界が現れてきます。

思うに撮影の容量などかなりのボリュームなので、
作品時間が30分くらいなのかもしれないですね。

 

と今回は60分コースで体験してみて、
いくつか動画も見て堪能したのです。

ちなみに
今回私が見た中での一番のお勧めは…

羽月希”さんの作品でした。

おそらくタイトルは
「汗が降りそそぐ密着汗だく性欲全開中出しSEX」だったと思います。

実はこの女優さんは以前、
握手会で会った事もあるので、
まったく初対面というわけではなかったのですが、

今回VR上でお会いしてみて、
そのリアルさにちょっと興奮!

FUN
というかかなり興奮でした!!

目の前に迫ってくる感じや、
顔の大きさなんかもリアリティがあって、
思った以上に良かったわけです。

意外と羽月さんは顔もそうですが、
小さい体形なのです。

ただ画質的にどうしても日常生活で見る様な感じではないわけです。
(ブルーレイの様な鮮明さではなかったのです。)

立体感や臨場感、雰囲気を味わうにはイイ感じで、
鮮明さを求めたら、
ちょっと物足りないかもしれないですね。

 

問題! …考える
実はこういったアダルト系のモノって、
広まる要素だとも思っているのです。

実際に過去に”ビデオデッキ”などが広まるきっかけは、
アダルトの影響がかなりあったとも言われているのです。

それだけに””に関わったコンテンツは、
このVRを広めるきっかけになるかもしれないのです。

最近ではスマホなしのVRゴーグルも登場してきました。
(約1万円くらいといいお値段ですが~)

そして
ますます良質な動画やコンテンツが増えると、
ますますVRの人気も増えるかも…。


予想している今日この頃なのでした。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031