普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

ふと思う”爆買い”ニュース。 これって”良い事?”それとも…

「春節燈花2017」の様子

爆買い!”って  …”GOOD?” or ”BAD?

 

毎年この時期になると
横浜中華街では「春節」イベントが行われます。

2017年の中華街「春節」イベントは2月11日まで開催。
その間は獅子舞や龍舞、
パレードなど様々な催し物が行われます。

 

さて2017年…
中国の旧正月
1月28日

そんなわけでこの春節の時期になると
あちこちでこんな光景を見かけるかも!?…。

 

・・・

春節」ならではの光景…

大量に買う
 … 中国人観光客による”爆買い!”です。

(今年の爆買いは昨年ほどではないと思いますが…)

 

※今回の記事は私の独り言形式で書いてみました。
1つの意見として気楽に読んでいただけると幸いです。

 

???
さていきなり質問です!

あなたは「爆買い」に対して
どんなイメージを持っていますか??

爆買いは良いニュースだと思いますか?
それとも悪いニュースだと思いますか??”

…おそらくほとんどの人は
”良いニュース”と答えると思います。

 

問題! …考える
でも私の場合はちょっと違うのです。
かといって、
”悪いニュース”でもないのですが…。

私的に言うなら…

爆買いは微妙なニュース”なのです!

 

その前に
”爆買い”の経緯について
簡単ですが話したいと思います。

「春節燈花2017」の様子
こんなニュースがあったのを覚えていますか??

2015年の旧正月”春節”の時期に
中国人観光客が一斉に日本に訪れましたよね。

秋葉原や銀座、渋谷などに訪れては、
日本の化粧品や家電、ブランド物などを買いあさり、
日本経済にも大きな影響をもたらしました。

そして”爆買い”が一躍社会現象化したのです。

実際2015年の流行語大賞では
トリプルスリー”と並んで
爆買い”が選ばれたのは記憶に新しいと思います。

もちろんこの”爆買い”の影響は
2016年も続くとされていましたが…

でもフタを開けたら
2015年ほどではなかったという結果でした。

さて今年(2017年)はどうかというと…
(おそらくそれなりにはあるだろうけど、
あまり芳しくはないだろうな~と思っています。)

 

~では話を戻しまして、
なぜ”爆買いが微妙なニュース”かと言うと…。

 

もちろん”爆買い”によって
たくさんのモノを買ってくれたおかげで、
日本の消費は飛躍的に伸びたのは嬉しい事です。

 

でも…

 

???
ここでふとこんな疑問が!!

確かに日本の製品は世界的にも
”高品質”と認められていますよね。

でも
今さら遅いんじゃないの??

と思うわけです。

というのも家電製品でいえば
日本の製品は多少値段が高いけれど、
”高品質で良い物”だと
海外から高評価を得ていたのは分かっていたはずです。
(特に富裕層の人たちにとっては…。)

だったらなぜこれまでに
中国に積極的な販売展開が出来ていなかったのか?”と。

確かに円安などの背景があるにせよ、
普通に考えたらおかしいと思いませんか?

だって中国人観光客がわざわざ日本に来て、
そして日本の製品をたくさん買うんですよ!?

それに帰国時は超過荷物で、
超過料金を払っている人もいたとかだし…。

…”今はネットがかなり普及しているのに、
なぜわざわざ日本でモノを買うんだろう??

こんな疑問が湧いてしまうわけです。

 

日本に旅行しに来て、
そして日本独自のお土産を買うのは理解できます。

でも仮に良い家電などがあったなら、
下見してネットで買えばいいじゃないの?って。

でもそれが出来なかったのかも!?しれませんね。

つまり
ネットなどで安く買う手段がなかったから。
もしくは
中国国内で日本の製品を買う場所がなかったから。

 

ちょっと厳しい言い方をしてしまえば…

日本のメーカーや販売店が
中国への販路を築けていなかった!
って事だと思います。

それなりに需要があっただろうに、
まったく中国への販路を築けていなかった!?

こう思うと
なんとも情けない話ですよね…。

 

問題! …考える
だから私が爆買いが微妙なニュース”と言った理由は
日本企業の海外展開の弱さを裏付ける出来事だと思ったからです。

良い物を作る技術はあっても、
海外へ売り込めむ営業力がないって事だろうし…。

日本企業の海外展開する積極さの無さと、
他の国へのリサーチ力がなかったとも言えますね。

 

爆買い
結果として”爆買い”で日本の物がたくさん売れたけど…。

でもその事実とは反対に
日本企業の海外展開の弱さを露呈させる結果となってしまった。

仮に中国で日本の製品を販売できていたり、
それなりに中国への販路を築けていたら、
2015年の様な”爆買い”という
一大社会現象までにはならなかったはずですから…。

案の定年々”爆買い”のペースは落ち
爆買い頼みの営業は一過性のもの
という状態になってしまいましたが…。

もちろん中国への販路を築く事は、
いろいろなハードルがあるのかもしれないけれど、
でもユニクロみたいに早い段階で
中国へ展開している企業もあったわけですから。

やっている企業はちゃんとやっているんですよね。

 

思うに…
…という感じで
今回は私の独り言の記事でした。

さて、あなたはどう思いますか??

 

「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031