普段起こる出来事からヒット商品を探し出していきます。 略して”ヒットを探そう!流行サイト”へようこそ!

menu

ヒットを探そう!流行サイト

『若冲百図』より

 

実は…

問題! …考える
こう見えても私は…

”こう見えても”って言っても、
私と会った事がないと分からないと思いますが~

・・・

絵が好き!!
絵を観る”のが好きなのです!

 

職場に人に絵が好きって言うと、
ウソ!!”っていう反応があるくらいなので…。

それだけ
意外性がある趣味って事なんでしょね。

 

ところで、
なぜ今回””について書いているかというと、
もちろん
流行”と大きく関わっているからなのです。

 

そんな私が
最近気になっている”日本の絵師”が…

「伊藤若冲像」※public domain
※『伊藤若冲像』 ※画像はpublic domainを使用

この”伊藤若冲”という人物です。

 

実を言えば絵画鑑賞が好きとはいえ、
西洋画の方が好きなのです。

だから
日本画はそれほど詳しくはないのですが…

それでも異常なほど
伊藤若冲”という絵師が気にあるのです。

 

なぜかというと…

今年で”生誕300周年”を迎えるから!

 

ちょうど300年前といえば…

時代で言えば、
ちょうど江戸時代の頃になります。

 

「伊藤若冲像」※public domain
この”伊藤若冲”という人物は
江戸時代中期京都で活躍した絵師なのです。

 

今年は300周年という区切りのいい年だけに、
秋頃からは”京都”で
若冲の展覧会がいくつも開催されるのです。

コレです!
現在分かっているだけでも、
これから挙げる3つの企画展があります。

 

若冲生誕300年記念伊藤若冲展

・開催日:2016年7月1日(金)~12月4日(日)

・開催地:相国寺承天閣美術館にて

・時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

・開催日:2016年10月4日(火)~12月4日(日)
 ※月曜日は休館、ただし10月10日(月曜祝日)は会館

・開催地:京都市美術館にて

・時間:午前9時~午後5時まで(入館は閉館の30分前まで)
 ※ただし10月8日(土)と9日(日)は19時まで開館

 

特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

・開催日:2016年12月13日(火)~2017年1月15日(日)

・開催地:京都国立博物館の平成知新館2F-3~5

・時間:月曜~木曜、日曜は午前9時30分~午後5時
    金曜、土曜は午前9時30分~午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)

 

同じ画家の展覧会が
同じ年に3つも開催するって事自体がスゴイ事です。

そんなわけで
この若冲展を見たいがために、
私は秋頃に京都に行く予定なのです。

 

問題! …考える
私の予想だと…
休日は超混みそうな予感なので、
行くとしたら”平日”を考えています!

そして京都は
毎年11月下旬辺りからが紅葉の時期

 

秋の京都

こういう事を踏まえると…
11月下旬ころに相国寺承天閣美術館と
京都市美術館で開催の展覧会に行こうと!!

この時期に行けば、
綺麗な紅葉を見れて、
しかも若冲の展覧会が2つも堪能できるのではないか…。

どうなる?
 後は仕事との調節ですが…

 

そういえば、
東京の”東京都美術館”でも開催していました。
(4月22日~5月24日)

たった1か月くらいの開催にも関わらず、
ヤバイくらい超混んでいたのです。

外に長~い行列が並んでいて、
係員の人がボードをもって案内しているくらい。

普段”東京都美術館”で、
ここまでの列を見る事ってありません。
(傍から見ると、異様な光景ですが…)

約2時間、3時間待ちって…

 

もちろん来場者数もすごくて、
この開催期間約1か月で来場者約44万6,000人

1日当たりで換算すると、
約1万4,000人になるのです。

ここまで人気があったため、
2016年上半期のヒット商品」にも名前が挙がるくらいでした。

 

ちなみに参考で比べて見ると、
2015年に開催した「ルーヴル美術館展」では、
(開催期間:2015年2月21日~6月1日)

開催から約3か月目の5月27日時点で、
来場者数60万人を突破したくらいでした。
(1日当たりで約6,300人くらいの来場者)

 

問題! …考える
この「ルーヴル展」と比べただけでも、
若冲展の人気の凄さ
が分かると思います!

それが
若冲の地元”京都”での開催となると…

ちょっと恐ろしくもあります。

どちらにせよ、
ある程度の覚悟を持って行かないとな~。

 

それまでの間は…

「若冲展」が楽しみ!
買った”若冲の図録”を見ながら、
楽しみにしている私なのでした…。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別の投稿記事は?

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031